愛車をキレイに維持する大切さを車コーティング職人が語る

2018.03.05ブログ
愛車をキレイに維持する大切さを車コーティング職人が語るの投稿画像01

愛車をキレイに維持する大切さ!?

車に対する価値観は人それぞれ違いますが 大切にしたいという思いが「キレイな愛車」です。

人それぞれ乗り方やそれぞれ価値観が異なります。

スポーツカーであれば、走行性能を重視します。

ワンボックスカーであれば家族や子供とのお出かけを快適にしてくれます。

乗り続ける期間もひとそれぞれです。新車を購入して数年で下取りに出す人もいれば、中古車を購入して末永く乗り続け、時期が来たら手放す人もいます。

可能な限り乗り続ける人もおられます。スタイルも人それぞれです。

アルミホイールを変更したり、インテリアを装飾したり、人それぞれ自分好みのスタイルに変更できます。

乗り方や、スタイルは千差万別ではありますが、その中で共通していることがあります。

車への愛情表現とも言うべき、「キレイな愛車」がいい!

清潔に保たれた車を見て、汚いと思う人はいません。 逆もまたしかりです。

様々な個性を表現する車において、共通に表現されるのは「艶(光沢)」なのです。

乗る期間が短くても、長くてもキレイな愛車を維持された車は、気分を爽快にしてくれます。

清潔感が溢れる車は街でも一目置かれます。 キレイな愛車をぼんやり眺める愉しみも増えます。

常に新車のような状態で居続けることにマイナスはありません。

清潔を保つ道を選べば、乗っている期間は清々しく爽快で、周りの人にも、うらやましがられます。

汚く乗ってしまったら、乗っている期間は不快な思いをするかも知れません。

誰も振り向かず、愛情も冷めてしまうこともあります。

仮に手放す時が来たとしても、愛情を注がれた車は最後までその役目を果たしてくれます。

愛車を手放して、新しい車に乗り換える時、キレイな車とそうでない車の査定額は大きく異なります。

手放す時には次の車にスムーズに移行できます。 汚く乗ってしまったら、乗っている期間は不快な思いをするかも知れません。

どちらの道を選ぶかはオーナー様次第ですが、前者と後者、その差は大きいはずです。