サブバナ―背景画像

ブログ

BLOG

ウォータースポットの予防対策
2018.02.17

ウォータースポットの予防対策の投稿画像01

ウォータースポットの予防対策

塗装や窓ガラスに付着したウォータースポットをキレイに除去するには、酸を使って汚れを溶解させるか、削り落として磨く必要があります。

溶解や研磨は、失敗すると、より状況を悪化させるリスクが高くなってしまいます。

このため、ウォータースポットは発生してから対処するよりも、できるだけ発生させないようにすることが一番の対策になります。

つまり予防対策することが一番大切ということなのです。

ウォータースポットは、雨水や水道水などの水滴が付着し、水分が蒸発する際に発生します。

理想的には水滴が付着したままにしないことが重要なのです。

「水滴がつかないようにする。ついたらすぐに拭き取る」

実際にはほとんど不可能なことですね。

しかし、日頃の心がけとしては良いかもしれません。

雨の中を走行した後には、なるべく早く洗車をすることが大切です。

クルマ好きの皆さんなら、当たり前のことですがせっかくキレイに洗車したのに水玉が残っていたら、厄介なウォータースポットを発生させる原因を自らがつくることになります。

「洗車の水滴は完全に拭き取る」ことが大切です。

「ウォータースポットの付着する状況を避ける また状態の悪化をできるだけ避ける」事前防御することです。

「塗装や窓ガラスにウォータースポットを固着させない」予防対策をする事です。

新車の塗装がきれいなうちに、高硬度被膜の本物のガラスコーティング、きらめきレジェンドコートをお勧めします。