【新開発波動研磨法】CRキズ埋めクリアー樹脂塗料の補充作業

2018.04.26

30年の間 コーティング施工にたずさわつております
コーティング剤の開発施工を研究してきました,
磨きに関する ポリッシャーの研究も行っております
今までの新型のダブルアクションポリッシャーなども改造して
研磨作業も研究してきましたが、市販の多数のポリッシャーも改造して思考錯誤してきました
やはり、メーカー市販のポリッシャーでは作業性が悪く 改造しなければよい磨きもできません。オリジナルのポリッシャーを作り上げるしかありません
またコンパンドのマッチングやバフのマッチングが合って、初めてベストの磨きができます

市販のコンパンドでは塗装面に傷が入り 塗装面を削り取り、うすくして艶を出しても防雨・防汚性能や紫外線にも弱くなってしまいます。
そこで、3軸ランダムポリッシャーを改造して研磨傷が発生させずに処理できるようにしました
コンパンド・研磨剤を使わずに 水素ウオーターを使って研磨作業をします
オリジナルの3軸ランダムポリッシャーと水素ウオーターの組み合わせで塗装に負荷と熱をかけずに研磨作業や コーティングの下地処理が可能になりました
しかしコーティング前の研磨作業での塗装を研磨して うすくなった塗装の 密度を上げないとガラスコーティングだけでは被膜が薄すぎるという難点を克服するために

塗装輪研磨しないで傷を埋めて光沢を出せるようにしたCRキズ埋めCRクリアーを開発しました
他のコーティング施工業者にない、塗装施工技能士の知識や 施工経験を生かしての開発しました

お気に入りの愛車を20年・30年と乗り続けたい、お客様や
塗装が劣化して 全塗装をお考えのかたや ボンネットバンパーの飛び石傷でお悩みのお客様はご検討ください

カテゴリ一覧